プリンスウィレム画像

プリンスウィレム

商品説明
オランダ東インド会社所有船。その中でも角型の船尾を持つものとしてはおそらく最大の船です。
1652年オランダ海軍の旗艦として第一次英蘭戦争に参加。ケンティッシュ・ノックの海戦において、ソブリンオブザシーズを旗艦とした英国海軍と戦いました。戦後、東インド会社に返還されましたが、1661年10月23日、アンボン総督 Arnold de Vlaming Van Oudshomの指揮する船団に参加してバタビアから出航。セント・ブランドン岩礁付近で難破し、すべての積荷とともに沈没しました。
このキットは、主に、アムステルダム国立美術館所蔵の17世紀中期の模型を元に、当時のオランダの彫刻や絵画などの図像学的資料による知見を加えて1/100スケールで製作されたものです。この国立美術館所蔵の模型は、1978年に、商船としての姿を模したオリジナルの状態に復元すべく、船首の砲門6か所を塞ぎ、船首楼とその隔壁を再構築する修復を受けました。
これを元に、オランダ東インド会社所属船として、商業運航を行っていた当時の姿を再現したものです。

・船体組み立て方式:バルクヘッド(フレームとキールを組み合わせる方式)
・船体外板:ダブルプランク(二重貼り)
・飾り台:付属しています



▲写真をクリックすると、画像を最大表示させることができます。
▲このページの写真にカーソルをあてると該当場所が拡大表示されます。
木製・帆船模型マイクロクラフト




Copyright ©木製・帆船模型マイクロクラフト All Rights Reserved.