ソッピース キャメル F.1画像

ソッピース キャメル F.1

商品説明
原型機は1916年12月初飛行、生産型の実戦投入は1917年6月でした。全重量物をプロペラと主翼中心線の間に集中する設計のため操縦性が敏感で低空での操縦は難しいものでしたが、上空での運動性は非常に優れていました。戦争後期に登場したにもかかわらず、1,294機を撃墜しており、連合軍側の戦闘機では機種別撃墜記録第一位を誇っています。 驚くべきことに、総生産数5,497機のうちソッピース社によるものは503機のみで全体の10%にも足りませんでした。残りの機体は、ライセンス契約による他社生産のものでした。  第1次世界大戦の撃墜王はドイツ陸軍大尉マンフレート・フォン・リヒトホーヘン男爵(80機撃墜)です。乗機を深紅に塗装させたことからレッドバロン(赤い男爵)と呼ばれていますが、この撃墜王の命を奪ったのはカナダ軍のブラウン大尉のキャメルだったとされています。  (本当の死因はカナダ軍のブラウン大尉のキャメルの放った銃弾だったのか、塹壕のオーストラリア兵による対空放火の機関銃弾だったのか、いまだに論議の的になっています。が、この日、フォッカーDr1 三葉機を追跡していたのが、ブラウン大尉のキャメルであったのは紛れもない事実です。) なお、 【輸入元】マイクロクラフトでは、そのほか、ソッピーズ、アルバトロス、ブレリオ11も扱っています。初めての方にはステップバイステップのマニュアルを持つブレリオ11がお勧めです。



▲写真をクリックすると、画像を最大表示させることができます。
▲このページの写真にカーソルをあてると該当場所が拡大表示されます。
木製・帆船模型マイクロクラフト




ショッピングカート


お知らせ

  • OcCre製品、入荷しました。
  • メールアドレスが誤っているため、回答やご返信が宛先不明で帰ってくることが、昨今、非常に多くなっております。ご不便をおかけいたします。

  • コンビニ払いをご選択なさる場合、恐縮ですが「メールアドレスの記入間違い」「取扱いが前払いのみ」という点にご注意下さい。

  • 以前までは、ご送金いただきますと、元店主が確認とお礼のメールをさせていただいていたのですが、最近は元店主も老齢のため確認がおぼつかなくなっており、失礼しており、たいへん恐縮しております。誠に申し訳ありません。

Copyright ©木製・帆船模型マイクロクラフト All Rights Reserved.