フォッカー Dr.1画像

フォッカー Dr.1

商品説明
フォッカーDr.1三葉機は、おそらく第一次大戦機中最も名の知られた機体でしょう。
特に、戦死までの撃墜数80機を誇り、レッドバロンと呼ばれた第1次大戦トップエース、マンフレート・フォン・リヒトホーフェン男爵の乗機として余りにも有名です。
初期生産型の320機が実戦任務に就いたのは1917年8月、最後の1機が実戦任務を解かれたのは1918年6月でした。約280機が戦闘中に失われていますが、多数が訓練中の事故で全損しています。
この機体は操縦が難しく、いわゆるじゃじゃ馬でしたが、パイロットがいったん乗りこなすと、恐ろしい兵器になりました。終戦時、約20機のDr.1が残存していました。そのうち2機が第2次世界大戦までドイツの博物館で保存されていましたが、2機とも戦争中に失われました。そのため、オリジナルのDr.1は現存しておらず、完全な図面も残っていません。 
この機体の模型を設計する上でのひとつの困難として、実機も各部分の完全な図面も現存しないということがありました。エアショーや博物館で展示されているDr.1は、残された機体の一部分や写真から起こされた多数の図面のいずれかを使用したレプリカなのです。
この模型の設計にあたり、こうした材料を元に可能な限り正確で実感のあるものとするあらゆる努力を尽くされています。
製作は中級者以上向け
和訳付属バルサ・プラスチックは入っておらず、木材は主にバスウッド(バードカービングで使用されるきめ細かい柔らかい白い木材)と白樺(バーチ)です。
組立説明の日本語訳付属



▲写真をクリックすると、画像を最大表示させることができます。
▲このページの写真にカーソルをあてると該当場所が拡大表示されます。
木製・帆船模型マイクロクラフト




ショッピングカート


お知らせ

  • 10月2日より、普通郵便は土曜日の配達が行われていません。発送のタイミングによりお届けが従来より、かなり遅れていますのでご留意ください。
  • 当店では、いただいたメールは、1~2日の間に返信しております。またコンビニ払いの通知は自動発信ですので、必要な連絡がない場合は、迷惑メールとして処理されてしまっていないか、記載誤りなどがないか、ご確認ください。(お尋ねくださっても、内容をお伝えできます。)
  • (メールアドレスの記入について携帯等のメルアドは無機質な文字の羅列になっているケースもみられるためか、宛先不明で帰ってくるメールとして一定のウエイトを占めています。また、当店からの返信が迷惑メールとしてサーバー側で処理されてしまう事があるようです。
  • (お詫び)ビリングボートですが、当分の間入荷の予定がありません。現在、大幅に仕様を変更していると関係者から、お聞きしています。
  • 以前までは、ご送金いただきますと、元店主が確認とお礼のメールをさせていただいていたのですが、最近は元店主も老齢のため確認がおぼつかなくなっており、失礼しており、たいへん恐縮しております。誠に申し訳ありません。

Copyright ©木製・帆船模型マイクロクラフト All Rights Reserved.